スタッフ紹介

クーラー病

2015/07/23

リラクゼーション工房 いっぷく  木村です。

 

梅雨も明けて、暑い日が続きますが、みなさん体調管理はしっかりできてますか?

 

暑さが続くとクーラーのつけすぎで体調が悪くなることがあります。

クーラー病冷房病の対策をまとめましたので、試してみてください。

 

 

クーラー病とは

長い時間クーラーのかかった部屋にいたり、クーラーのきいた部屋と暑い室外を往復するこ

とで、自律神経のバランスが崩れ、血液の流れ・ホルモンバランスの異常をきたす病気なの

です。

足腰の冷え・肩こり・頭痛・手足の疲労感・神経痛・食欲不振・生理不順などで夏バテの原

因にもなります。

 

 

クーラーの使い方で工夫

①外気温と室温の差を5度以内にする

②クーラーの風を直接当てない

③2時間に一回は、外に出て深呼吸する

④寝る前にクーラーをつけて部屋を冷やして、寝る時に切るようにする

 

 

体をケアする工夫

①温かい食べ物や飲み物を口にする

②食事が熱の素となるので、三食きちんと食べる ※食欲不振の時は食前に梅酒を飲んでみましょう

③毎日5~10分の定期的な運動 ※ウォーキングなど軽い運動

④お風呂は毎日、湯船につかる

⑤おなかを温める

⑥規則正しい生活を心掛けて、睡眠をしっかりとる

⑦ボディケア・足つぼを受けてリラックスする

 

 

『リラクゼーション工房 いっぷく』は、みなさまのお越しをお待ちしております(^O^)/