スタッフ紹介

タイミングがカギ

2015/04/01

リラクゼーション工房 いっぷく  木村です。

 

日に日に暖かさが感じられるようになりましたが、体調管理はしっかりできてますか?

 

 

突然ですが、毎日欠かさずにコレだけは飲んでいると言う飲み物はありますか?

健康や美容に良いとされる飲み物は、積極的に飲みたいですよね(^O^)

しかし、飲むタイミングがバラバラだと、その効果は半減してしまいますので、自分の体に

合わせて、飲み物の持つ栄養をより効果的に吸収出来る飲み方を紹介します。

 

 

【飲み物を飲むタイミングとは?】

①豆乳

朝起きて何も飲んだり食べたりしてない時に、飲むことで1日に必要なエネルギーや栄養を

補充できます。

夜に飲むと美肌効果も!睡眠中は日中にダメージを受けた肌を豆乳に含まれている大豆イソ

フラボンが、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し角質の水分量を増やして肌の保湿力を

強化します。

女性の方は、生理前に飲むべし!

生理前は、体が物を溜め込もうとするように出来ているのでダイエットに向かないと言いま

すが、豆乳の効果には老廃物を溜め込みにくくしてくれるし、精神も安定させてくれます。

 

②牛乳

牛乳はタンパク質が多く吸収率もいいので、運動後1時間以内に飲むと、より筋肉をつきや

すくする手伝いをしてくれます。

就寝前に温めた牛乳を飲むことで、ストレスからくるイライラや不安・緊張など交感神経優

位を抑制したり、適度に空腹感を満たし気分をリラックスさせて、安眠へ導いてくれるので

睡眠の質が向上します。

 

③白湯

朝は胃腸が冷えているときなので、消化力を高めるためにも起きてすぐ1杯の白湯を飲んで

温めましょう。朝食は白湯を飲んでから30分ぐらい経ってからが胃腸の消化機能も活発に

なり、きちんと消化できるようになります。

白湯は体への水分吸収率がよいので、飲み過ぎるとむくんだり、体に必要な栄養素まで流し

てしまうため、飲む量は1日に800mlが目安です。また一気に飲むと胃液が薄まり逆に消

化の妨げになってしまうので注意しましょう。

 

④トマトジュース

苦手な方も多いですが、抗酸化成分が多く含まれ、天然のビタミン、食物繊維なども摂取で

きます。無塩・有塩は自分の1日の塩分摂取量を考えて選びましょう。

夜に飲むことで、22時から夜中の2時に活発になる成長ホルモンとトマトのリコピンが加

わりさらに成長ホルモンの分泌が盛んになって代謝がアップします。

 

⑤酢

健康や美容にとても良い酢は、胃を刺激して食欲を増進させる効果があるので、食前に飲ま

ず食事中か食後に飲むようにしましょう。

人によっては胃腸を痛める原因にもなりますので注意しましょう。

お風呂上りなどの体が温まって新陳代謝がアップしている時に飲むことで、より新陳代謝が

アップする事ができます。

運動前に穀物酢を飲めば脂肪燃焼効果を高めてくれるし、食事と一緒に黒酢を飲めば脂肪蓄

積を抑えてくれます。

 

 

飲むタイミングを知って、飲み物が持つ栄養と効果を最大限に引き出そう!

 

 

『リラクゼーション工房 いっぷく』は、みなさまのお越しをお待ちしております(^O^)/