スタッフ紹介

上質な睡眠

2015/01/14

リラクゼーション工房 いっぷく  木村です。

 

寒い日が続きますが、みなさん体調管理はしっかりできてますか?

 

最近、寝ても寝ても疲れが取れない…。

睡眠時間はしっかりとっているのに、「朝起きると体がだるい」・「まだ眠い」と

悩んでいる人は多いはずです。

現代人にとって、「睡眠時間」を長くとるより「睡眠の質」を上げることが大事に

なってきます。

睡眠には「メラトニン」というホルモンが大きく関わっていることが分かっています。

メラトニンの分泌がうまくできれば、短時間でも「上質な睡眠」を得ることができる

というわけです。

しかし、私たちが寝る前にする「あること」がメラトニンの分泌をストップさせ、熟睡

を妨げる原因になっていたりします。

 

寝る前にしてはいけない「あること」とは一体何なのか紹介します。

 

 

■夜食を食べる

 就寝前に食事をすると、体が胃の消化活動に集中し始めます。

 そうすると、寝ていても熟睡モードにならず結果的に寝つきが悪くなってしまうので

 就寝の3時間前までには食事を終えるのが理想です。

 

■運動をする

 睡眠時の体は、体温が低くなりますが、就寝前に運動をすると体温がなかなか下がらない

 ため、睡眠ホルモンの「メラトニン」が分泌されず、寝つきが悪くなります。

 ウォーキングなどの有酸素運動は寝る2時間前に、筋トレのような無酸素運動は3時間以

 上前に済ませておくのがポイントです。

 ただし、適度なストレッチは体をリラックスさせるため就寝前でもOK!

 

■お酒を飲む

 寝る前の飲酒でよく寝れるようになるというのは、ある意味では事実ですが、摂取したア

 ルコールが体で分解されるときに交感神経が刺激されるので、結果的には睡眠をジャマす

 ることになります。

 飲んで寝た時、深夜に突然目を覚ましてしまうのはそのためです。

 

■コーヒー・緑茶を飲む

 眠気覚ましのコーヒーというぐらい、コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があ

 り、睡眠ホルモン「メラトニン」を強力に抑制してしまいます。

 カフェインは摂取してから4時間ほど持続効果があるのでやっかいです。

   ※緑茶・紅茶・ウーロン茶などにもカフェインは含まれています。

 

寝る前の習慣が、上質な睡眠を妨げているかも知れませんので気を付けてください。

 

 

 

『リラクゼーション工房 いっぷく』で体をケアして上質な睡眠を…(^O^)/