スタッフ紹介

低体温

2015/03/12

リラクゼーション工房 いっぷく  木村です。

 

ここ最近、気温の差が激しくなり、体調を崩す方も多いと思いますが大丈夫ですか?

 

体調を崩す原因のひとつに平熱が36度以下という低体温が関係しているかもしれません。

低体温の人は免疫力が低下し、病気にかかりやすいといいます。

低体温の医学的な定義はありませんが、平熱が36度以下が低体温と言われ、女性に多い

イメージですが、最近では環境や食生活の変化から男性や子供にまで広がっている。

 

 

体温が下がるとどうなるの?

➊外敵と闘う免疫細胞が機能するために必要な温度が不足しダメージを受けやすい。

❷体温が1度下がるだけで、免疫力が30%も低下するので体内に異物を発見しても白血球

 が十分に働くことができず、風邪などのウイルスや細菌・がん細胞に負けて発病しやすく

 なる。

❸血流が悪くなり、肩こり・頭痛・腰痛・腹痛・生理痛・不眠などの不快症状が現れる。

 

 

体温を上げるには?

➊低体温の原因の9割は筋肉量の低下と考えられており、筋肉量を増やすことで基礎代謝が

 高まり体温が高くなるので、運動の習慣をつけましょう。

 ※基礎代謝とは、人が動かずにじっとしていても呼吸や内臓の動き、体温を保つなどに消費するエネルギー

❷食生活・喫煙・飲酒・ストレス・睡眠時間……など生活習慣を変える。

 

 

 

『リラクゼーション工房 いっぷく』のボディケアや足つぼもオススメです!

みなさまのお越しをお待ちしております(^O^)/