スタッフ紹介

筋肉痛

2014/12/19

リラクゼーション工房 いっぷく  木村です。

 

昨日は、大変な一日でしたね、みなさん体調管理はしっかりできてますか?

雪かきをして、身体中が筋肉痛なってる方も多いのではないですか?

自分もその中の一人です…(T_T)

 

筋肉痛になったり回復が遅いと、運動不足や年齢が原因かなと落ち込むような

こともあると思いますが、誰にでも起きることなのです!

筋肉痛になってしまっても、回復方法を知っていれば落ち込むことなく毎日の

生活を楽しく過ごせるでしょう。

 

筋肉痛の回復方法紹介します。

 

1・筋肉痛の原因

  筋肉を動かすことで「乳酸」が溜まる。

  本来中性の筋肉が酸性になり、筋肉を固くさせ炎症や痛みを引き起こす。

  伸縮運動などで筋に小さな断裂が起き筋肉繊維が傷つくため。

  原因とされるのは様々あります。

 

2・軽めの運動をする

  運動の後は、筋肉は疲労してることが多いので、そのままにしておくと、

  さらに筋肉は固くなってしまいます。

  乳酸は普段の生活でも作られており血液によって体外に放出されますが、

  運動によって急激に作られた乳酸は血液が回収し放出しきれず血液中に

  残り筋肉が中性に戻れずいる。

  痛いからといって、放置しておかずに軽めの有酸素運動をすることで血液

  の循環がよくなり、溜まった乳酸を放出しやすくなるので、ウォーキング

  やストレッチが有効です。

 

3・黒酢を飲む

  黒酢に含まれるクエン酸は乳酸を分解する効果がある(レモン・梅干なども)

  乳酸の分解以外でも、血行促進・代謝を良くする・肩こり腰痛・冷え性改善

  などの効果もあります。

  ※元々胃が弱い方は、黒酢を薄めて飲むようにしましょう。

 

4・お風呂で緩和

  筋肉痛が起きてしまった時には、冷たい水と熱いお湯を交互に浴びることに

  より抹消血管が広がるため筋肉痛が緩和されやすい。

  運動直後30分はしない方がよいです。

  筋肉痛が酷い場合は、足浴やシャワーにしておくといいです。

 

5・筋肉痛に良い食べ物

  筋肉痛を回復させる効果的な栄養素を含んだ食事をとる。

     タンパク質(お肉・魚・大豆)

     ビタミンB1(うなぎ・豚肉・レバー)

     ビタミンB6(にんにく・唐辛子・さんま)

     クエン酸 (レモン・梅干・グレープフルーツ)

     亜鉛   (レバー・カキ・大豆)

 

 

筋肉痛の回復を待っていてもなかなか回復せずにイライラしがちですが、自分の

体が精一杯元に戻ろうとしていることを忘れずにいてください。

そして筋肉痛になるほど、自分は頑張ったんだと思うようにして、焦らずリラックス

して回復させましょう。

 

体のケアは「リラクゼーション工房 いっぷく」で、お待ちしております(^O^)/