スタッフ紹介

待つ力

2018/08/05

こんにちは。

愛知県津島市の整体サロン「リラクゼーション工房いっぷく」の依里子です。

土用が終わるので、ボーボーに生えている草むしりがやっとできますが、この

暑さなので、やる気が出るか心配です(笑)

 

 

金曜日から娘が研修の旅に出かけました。

自他ともに認める過保護な親なので、それはそれは心配です。

無事着いたかな、何か起きてないかな、体調大丈夫かな…と余計な心配の

オンパレードです。

少し前に、過保護のカホコというドラマをやっていましたが、それを見た

ときは、吹き出しました。

まるで私たち夫婦を見ているかのようだったので(笑)

 

 

娘が転ばないように、失敗しないように、先回りして、手を差し出して、

口を挟んで…。

でも、転んで学ぶこともある、失敗しなければなければわからないこともある。

その学ぶ機会を阻止していては、娘は成長できないのです。

それは、娘のことを信じて待つことができないということ。

私自身のことも信じていないのかもしれない。

 

 

待つ力というのは二黒土星です。

娘を信じて待つ。

私にはこれが足りない。

二黒土星を最大吉方に持つ私は、待つということが課題になるのでしょう。

 

 

娘は今回の旅で大きな決断をし、大きな買い物をしました。

今までの娘なら、先延ばしにするか、やめておくかの二択だったでしょう。

もし、買う前に私に連絡がきていたら、娘をいつもの選択に引っ張っていって

しまったかもしれません。

でも、娘は自分で考え、自分で決断し、自分でお金を用意し、購入しました。

その話を聞いた時に、私の今までの待つ力の弱さというものを感じたのです。

今まで、娘が考える暇を与えず、決断する機会を奪い、待ってあげることが

出来ていなかったのだと。

 

 

娘の人生は、娘が自分で決断し、歩いていかなければいけません。

時には、迷い、悩み、転ぶこともあるでしょうが、娘の歩く力、立ち上がる力

を信じ、いつも待とうと思います。

このブログも、研修から帰る娘を待ちながら書いています。

とはいえ、「今どの辺?」とちょこちょこ娘にLINEを送るあたり、まだまだ

待つ力が身につきそうにはありません(笑)

 

 

さて、本日もあっつい中、元気に営業しております。

涼しい店内で皆様をのご来店をお待ちしております。