スタッフ紹介

青春の味

2017/03/05

こんにちは。

愛知県津島市の整体サロン「リラクゼーション工房いっぷく」の依里子です。

 

ぶきっちょ二人のDIYもぎこちないながらも大詰めを迎えております。

今日は息子をお供に、仕上げに使う布を買いに行ってきました。

 

名古屋で高校生時代を過ごした方ならなつかしいあの店………

そう!大塚屋!

 

裁縫は得意でもないし、すっごい好きなわけじゃない。

でも、ああいうお店に行くと、なぜかテンションがあがります(笑)

 

そういえば、大阪に住んでいた時、とにかく問屋が好きだった。

船場のあたりに確か繊維問屋街があった。

それに、難波の辺りには、飲食店の問屋街があった。

買うわけでもないけど、見て回って、楽しんでました。

なにが楽しいのかと聞かれても、うまく説明できないけど(笑)

 

どうやら、息子も私の血を色濃く引いているらしく、二人でニトリとかに行っ

て、テンション高めでニヤニヤしています(笑)

あ、話が脱線しました。

 

でも、今日は大誤算。

息子は布には全く興味がありませんでした。

ゆっくり見ることもできず、さっさと撤退。

でも、買い物に付き合ってくれた息子にご褒美を。

たぶんそれが目的だったんだな、こいつ(笑)

 

名古屋駅に、高校生の頃によく通ったマグロ屋さんがある。

そこのマグロの唐揚げが大好きだった。

息子に私の青春の味を食べさせてあげよう。

ということで、いざ出発。

 

もう25年も経ってるけど、まだあるのだろうか。

どきどきしながら向かいましたが、そのお店はまだありました。

よかったー。

 

でも、入ってびっくり、めちゃくちゃきれいなお店になってました。

昔は、日本酒が似合うおみせだったのに、今はジャズなんか流れてる。

マグロの唐揚げ定食は、変わらずあったので、迷わず注文して、青春の味を

息子と二人で堪能しました。

 

でも、なんとなくふと思った……

唐揚げの量が減った気がする。

味も少し変わった気がする。

値段も高くなったような…。

店員さんも全体的に若くなった。

 

かわらずお店はそこにあった。

でもお店はいろいろと変わっていた。

 

変わりゆくもの、変わらないもの。

変わらないのは、マグロが美味しいという事と……

私の食への情熱でした(笑)

 

やっちまった。

計算して買ったはずの布。

ミシンで縫おうと思って気づいた。

このこげ茶の布が、まったく足りてない……。

なんて日だ!

マグロも美味しかったし、息子とのデート楽しかったし、ま、いっか。