スタッフ紹介

足元を見る

2017/01/20

みなさんこんにちは。愛知県津島市「リラクゼーション工房 いっぷく」の依里子で

す。

 

ここ数日、確定申告の為、パソコンと格闘していたら、息子が熱を出してダウン……。

雪の日に遊びに行くからやんか…と言いながら看病してたら、一晩で回復。

恐ろしいほどの自己治癒力。

回復したらしたで、おなか減ったーとかテレビ見ていいーとか、あーでもない、こーで

もないと一日中話しかけてくるので、作業は全く進みません(笑)

もう今日は深夜にひっそり作業をしようと諦めました。。。

 

今年が始まったなーと思っていたら、1月も下旬に突入しましたね。

年を取ると時間が経つのが本当に早い。

一日一日がとても大事なのだと思いつつ、ぐうたらなんだよなー、これ、今年こそは

直さなきゃ。

 

さて、今年の初めに、目標を立てたことは、前回のブログでお話しましたが、今年は

なかなか大きめの目標を立てました。

わたしにとってはですけど(笑)

 

リラクゼーション一筋で生きてきましたが、違う業種のお仕事も始めさせていただこう

と…。

よく考えて決めたことですが、不安はつきまとう。

無理かもしれない、そう思う日もある。

そんな時は、勉強したり、自分の先生のブログを読んだりして、奮い立たせています。

 

目標に向かっていくのは、小さい頃、父親によく連れて行かれた登山に似ているなと

思います。

頂上は近くに見えて遠い。

歩いても歩いてもまだ着かない

。つまづいて転んだり、疲れて一休みしたり、もう登るのをやめたくなったり、きれ

いな景色を見てうれしくなったり…。

 

頂上は遠い、でも、後ろを振り返れば、自分が確かに歩いてきた道がある。

諦めずに歩いてきた道が確かにある。

だから、一歩ずつ、しっかりと踏みしめながら歩いていこう。

疲れたら、ひとやすみして、また歩き出そう。

 

健康のためと、毎週のように登山に連れて行かれていた幼稚園時代。

あの頃は、嫌で嫌でたまらなかったけれど、もしかしたら、父は登山を通じて、いろ

んなことを感じさせようとしてくれていたのかもしれない。

 

あ、父がよく言っていたのを思い出した。

『下山の時の方が危険だから、しっかりと踏みしめるように歩くんだぞ。』と。

人生も下り坂の時ほど、足元をしっかりと確かめながら、自分自身をしっかりと確か

めながら進んでいく方がいい。

 

今は、自分の人生という大きな山のどの辺をのぼっているのかわからないけど、今日

もまた一歩ずつ進もう。

 

みなさんも、疲れたら、一休みして、いっぷくへどうぞ。

身体が軽くなって、また歩き出せるお手伝いをさせていただけるように、今日も元気

に営業中です!みなさまのお越しをお待ちしております。